ブラウザ上で使える無料オンラインサービスの翻訳ツールを使う

外国語をフォームに入力して翻訳する

ネット上には利用料金のかからない翻訳サービスがいくつか存在します。それらを効果的に利用することで海外のサイトに書かれていることを日本語で読んだり、本やメールに書かれている意味のわからない外国語を手軽に翻訳できるでしょう。では、具体的にネットの翻訳サービスはどのようにして使えばいいのでしょうか。 まず、もっとも一般的なシステムはウェブブラウザでサービスにアクセスしたあと、外国語を入力するフォームに翻訳したい文章を入力し、ボタンを押すと日本語が表示されるというものです。したがって、翻訳したい海外サイトの文章をコピー&ペーストしてフォームに貼るか、あるいは本などに書かれている外国語をキーボードからフォームに打ち込んで翻訳するかということになります。

翻訳できる文字数に上限が設けられている場合も

翻訳は英語から日本語以外にもできることが多いです。たとえば、英語を入力してほかの外国語に翻訳したり、あるいは日本語を入力して英語に翻訳するといったこともできます。どの組み合わせで翻訳できるのかはサービスによって異なるので確認するといいでしょう。 翻訳する場合に注意しなければならないのは、文字数に上限が設けられていることもあり得るという点です。たとえば、サービスによっては一定の文字数を超えている場合、有料プランに申し込む必要が出てきます。 また、日本語を外国語に翻訳する場合、話し言葉で打ち込んでしまうと外国人にまったく通じない文章に翻訳されることがあるので気をつけましょう。主語などの言葉を一切省略せず、正しい日本語の文章を入力するのがポイントです。

© Copyright Website Translation Service Costs. All Rights Reserved.